トイレの神様 > コラム > 「トイレの神様」植村花菜、万博ライブ!

コラム

「トイレの神様」植村花菜、万博ライブ!

 【上海13日=佐久間賢治】亡き祖母との思い出を歌った「トイレの神様」が“泣ける曲”としてヒット中のシンガー・ソングライター、植村花菜(27)が、上海万博の日本産業館で海外初ライブを行った。開演前には、同館に展示されている黄金に輝く「世界一高級なトイレ」を見学。自身も音楽界の頂点を目指すべく、大みそかのNHK「紅白歌合戦」出場を誓った。

土砂降りだった雨が、開演直前には消え去っていた。“天気の神様”をも味方につけ、植村が日本産業館の屋外ステージに登場だ。

 「ニーハオ!」。そう絶叫すると、前日覚えたばかりの中国語で「上海に来られて、うれしい。短い時間ですが楽しんで帰ってください」とあいさつ。初海外公演の場が世界中の注目を集める上海万博。きっかけは“トイレつながり”だった。

 作家で日本産業館の総合プロデューサー、堺屋太一氏(75)が「トイレの神様」に感動し、公演を依頼。館内には最新機能を備え、陶器を金で特殊コーティングされた黄金の世界一トイレが展示されており、同曲のイメージとピタリ合った。

 世界でここだけの黄金トイレは700万相当の価値を持つという。開演前に見学した植村は、「うわさのトイレが見られて興奮しました。人生のうちに1度くらいは使ってみたいですね」と思いを馳せた。

 感激に浸りながら臨んだ晴れ舞台。ラストの4曲目は満を持して「トイレの神様」。「トイレにはベッピンな女神様がいる」。亡き祖母の言葉を信じ、毎日トイレ掃除に勤しんできた自身の実話を描いた同曲。スクリーンには、中国語の字幕で歌詞が伝えられた。

 上海から飛行機で約1時間半の湖北省から訪れた主婦、魏冬玲さん(42)は「20数年前に亡くなった祖母を思い出して感動しました。生で聴くことができてよかった」と涙をぬぐった。

 泣ける曲は万国共通。3回公演で計2000人を動員し、14日に最終日を迎える。植村は「音楽の素晴らしさは国境を越えると思います。いろんな舞台に出させていただいて、結果を出したい。一生懸命頑張って年末につなげられたら」と紅白出場を誓った。

 衛星放送を通じて、再び中国の人々に歌声を届けたい。世界一のトイレを知り、自らも世界に目を向けた。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/415534/

<<植村花菜、初のチャペルライブで熱唱 | トイレの神様トップへ | 植村花菜、トイレは「今もピカピカ」>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。